中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格

受験させるか否か

中学受験の必要性について

中学受験の必要性について考察いたします。中学受験が必要な場合とそうでない場合について、小学生に判断を求めるのは難しいことが多いでしょう。したがってそれは親が決めることが多くなると思われます。またこれは地域によっても変わってくることでしょう。例えば田舎で公立中学しかない場合は、優秀な生徒でも中学受験をする人はいないでしょう。親はどのように子供の進路を考えるべきでしょうか。少なくとも子供の意見は考慮に入れるべきでしょう。12歳くらいの学生に将来行きたい大学や学部を明確にさせたり、その上で必要な一貫校に入れるなどは、後回しではないでしょうか。やはり子供が何をしたいかを、優先させてあげた方が良いと思われます。

勉強が好きな子なら難関中学を目指せばよい

好きこそものの上手なれなわけです。そのような子供は出来ることなら難関中学を受験させるべきではないでしょうか。難関中学でも私立以外のところもありますし、立地条件がよければ尚更でしょう。そして難関中学への切符を手に入れれば、難関高校、難関大学へとステップアップ出来る確率がぐんと高まります。そしてこれからは日本の大学にとどまらず、世界レベルの活躍を視野に入れた勉強をするなど、早期のうちから自分でカリキュラムを組むということも大切になってくるでしょう。そのためには英語が鍵となることは言うまでもありません。中学受験は英語が不要なところもありますが、そのように受験に縛られない自由な勉強スタイルを確立してほしいものです。

Copyright© 2015 中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格 All Rights Reserved.