中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格

親子で挑む

受験までにかかる費用のメインは3年間の塾代

中学受験のスタートは通常、小学3年生の2月に入塾することで開始する。東京の中学受験解禁日が2月1日であり、前の学年の生徒の授業が1月中で終わるため、2月から新年度がスタートするからだ。この時期は、塾側も中学受験生を集めたいので、本来なら2、3万円かかかる入塾料の無料キャンペーンをやっているところも多い。月謝は3年生のうちは1、2万円ですむところも多いが、学年が上がるごとに科目数やコマ数が増えていくので、当然上がっていく。加えて、夏期講習や冬期講習、6年生になれば合宿や正月特訓というものまで入ってくるので、どんどん費用は増えていく。大手塾に通った場合、丸3年間で平均200万円もの費用がかかるともいわれているのだ。また、最近では、親が子供に勉強を教える”ママ塾”、”パパ塾”というトレンドもでてきており、平均的な相場に比べるとかなり安い費用で中学受験を成功させているケースもある。

中学受験は同じ学校を複数回受験できるところが最大の特徴

各県や都によって中学受験の解禁日は決まっているために、一斉スタートとなる。そうなってくると、どの学校をいつ受けるか、不合格の場合は翌日どこを受験するかを綿密にシミュレーションしなくてはならない。これは子供にはできない作業であるし、偏差値だけではとらえきれない実情もある。子供の好みや校風など、勘案しなければならない条件は山のようにあるし、模試ごとに子供の成績も変化する。また、受験料や滑り止め校に払う入学手続き延納金などの締切日も調整しなければならない。子供の性格や体力なども勘案しつつ、不測の事態に臨機応変に対応できる受験スケジュールを組む親の力こそが中学受験成功の鍵となるのだ。

Copyright© 2015 中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格 All Rights Reserved.