中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格

学力を伸ばす方法

家庭教師の役割とは何か

通信教育で学力を伸ばす教材などもありますが、通信教育では自分から進んで勉強する習慣がなければ続けることは難しいかもしれません。 塾に行くよりも家庭教師となった場合は、どのように家庭教師を選ぶといいいのでしょうか。 大学生の知り合いなどがいれば個人的にお願いすることもできるかもしれませんが、やはり家庭教師としての訓練を受けた人のほうが望ましいともいえます。 それは、受け持つ子供の学力に合わせて、家庭教師自身がやる気を引き出したり成績アップのためのカリキュラムを考えることになるからです。

準備とやる気を育てるために

家庭教師を頼む場合に、その家庭では子供が希望するよりもどちらかというと親が希望する場合が多いといえます。その場合に、子供のやる気がどの程度なのかということも考えなくてはならないでしょう。 どんなに学力を伸ばして成績を上げようとしても、子供にやる気がなければ無理というものです。 家庭教師の役目として子供のモチベーションを上げるとともに、勉強の準備についてもよく内容を考えて臨む必要があるのです。ここで、大切になってくることは指導力が求められるということになります。 また、一回一回の勉強の進捗具合についてもよく確認することです。家庭教師をしている時だけ、子供が勉強するのではなく、一人でも学習習慣をつけることができるように指導していくことが大切なのです。 家庭教師になると、人に教えることの難しさがわかるに違いありません。

Copyright© 2015 中学受験には塾や家庭教師を利用しよう│プロ指導で受験GO格 All Rights Reserved.